不動産投資信託で快適投資ライフ【賢く上手に資産運用】

不動産屋

マンションの賃貸経営

住宅

賃貸経営を始めるためには

最近、中古マンションを利用した投資が都心部でブームになっています。その中でも中古の区分マンションを利用する方がほとんどです。投資と言っても初めての時は少ない金額から行えるということで中古マンションからスタートしています。賃貸経営として始めるためには中古マンションを購入します。購入後、賃貸会社に依頼し、借主を探してもらうことで投資がスタートするというわけです。借主を探してもらう方が難しいと思う方はオーナーチェンジ物件と言われている既に借主が住んでいる物件を投資することをオススメします。このように中古マンションを使って簡単に賃貸物件を提供することにより、中古マンションで賃貸経営ができるということになります。

これから経営するためには

中古マンションの投資は、賃貸経営にあたります。会社の経営と同じようにお金の入出がはっきりと分かるようになるでしょう。ここで注意したいことは、年に一度の確定申告をしなければならないこと。これは必ず行う必要があり、申請しない場合は脱税と見なされます。しかし、行わなくてもいい場合があり、年間の家賃収入が20万円以下の物件だと申請は不要です。このように家賃収入の収益に合わせて申請するようにしないといけないため、税金関係のことも覚えていく必要があります。また、サラリーマンで中古マンション投資をする際には会社に税金の申告がされてしまう可能性があるため、税理士に相談し、どのようにすれば税金対策ができるのかも教えてもらいましょう。