不動産投資信託で快適投資ライフ【賢く上手に資産運用】

建物

コツコツと資産を作ろう

案内

安定した運用ができます

一発逆転を狙うような運用ではなく、毎年着実に資産を積み上げていきたいというのであれば、上場不動産投資信託に投資をしていくことをお勧めします。上場不動産投資信託とは、保有している投資家全員で不動産投資をしているようなイメージの金融商品です。マンションやオフィスビルを保有し、そこから得られる家賃を原資に分配金を支払っているので、収入が比較的安定しています。しかも、どの銘柄も1棟のみに投資をしているわけではなく、数多くの投資物件を保有しているので空室リスクをしっかりと抑えられているのです。株式市場に上場されているため、価格変動はしますが、分配金利回りは4%前後となっており、国債や銀行の定期預金の利息に比べるとかなり高い利回りといえます。

多様なニーズに応えます

上場不動産投資信託のメリットの1つとして流動性の高さも挙げられます。中古ワンルームマンション等の実物不動産の場合、一般的に売買まで1ヶ月から2ヶ月を要します。しかし、上場不動産投資信託であれば、価格が折り合えさえすれば、その日のうちに売買が完結します。つまり、上場不動産投資信託は実物不動産への投資における収益性と安定性を確保しながら、流動性も高いというメリットの多い投資手法ということができるのです。そのため、資産運用をこれから始めようとしている初心者だけでなく、分散投資を考えている人や株式投資をするための資金を一時的に他の金融商品で運用したいと考えている人にとっても、上場不動産投資信託はお勧めです。

ビジネス展開

建物

賃貸マンションの経営を上手く行うには、空室率に注意することが大切になります。綺麗な外観で魅力的な間取りがあるマンションなどは、人気となる傾向もあります。様々な需要を知ることが不動産経営における大切なこととなります。

View Detail

駐車場とその設置

駐車場

不動産経営の1つとして、コインパーキングがある。コインパーキング経営においては、需要の把握や近隣の料金設定の調査などを行うことが重要になる。また、立体化することや月極とするなどの選択も重要な要素になっている。

View Detail

マンションの賃貸経営

住宅

不動産投資ブームから中古マンションの投資がサラリーマンの中で流行っています。オーナーチェンジ物件を購入すれば比較的簡単に中古マンション投資が可能です。しかし、上手に資産運用していくためには、税金についての知識を深めることが重要です。

View Detail